新免疫療法でがんを
克服した医師のページ

   小林内科 院長 小林 利高
   
〒501-3861 岐阜県関市小柳町5番地
       TEL 0575-21-6020
   E-mail tk340801@alto.ocn.ne.jp
   URL http://www.immunotherapy-doctor.jp






○メニュー

・HOME
  ・プロフィール  ・私の病歴  ・父の病歴

・新免疫療法  ・小林内科ホームページ




○ごあいさつ

私は、自らの悪性リンパ腫を、新免疫療法で克服しました。
私の父も、直腸癌を、新免疫療法で克服しました。
このホームページは、新免疫療法を、がんの患者様に御紹介するために作成しました。がんの患者様の、幾らかでもお役に立てたらと思います。

私のがんは、皮膚T細胞リンパ腫というもので、がん化したリンパ球が、リンパ節内ではなく、皮膚に病巣を形成するものです。左大腿部に発症しました。手術で主病変を切除した後、手術後の抗癌剤治療・放射線治療は行わず、手術後9ヶ月の時点から、新免疫療法を行っています。発病以来、18年6ヶ月が経過しますが、再発は無く、体調は良好です。
新免疫療法を行いながら、医師としての仕事は、がん発病以前と同じ様にしていますし、この間に、2人の娘の父親になることができました。

私の父は、16年9ヶ月前に直腸癌を発病しました。手術前から新免疫療法を行い、手術は、癌取り扱い規約には従わない縮小手術とし、手術後の抗癌剤治療は行っていません。手術直後から非常に元気で、再発は無く、体調は良好です。

私達親子のケースは、末期がん状態から生還した、という様な、劇的なものではありませんが、新免疫療法をがん治療の中心とし、三大治療(手術・抗癌剤治療・放射線治療)を、体力、免疫力を考慮し、必要最低限、効率良く組み合わせ、QOLの高いがん治療を行っているという点で、がんの患者様の、御参考になれるかと思います。

私は、自らの経験から、自信を持って、新免疫療法をお奨めしています。副作用の少ない、体に優しい、QOLの高いがん治療をお望みなら、新免疫療法を選択されることをお奨めします。



PageTop