新免疫療法でがんを          
克服した医師のページ

小林内科 院長 小林 利高
〒501-3861 岐阜県関市小柳町5番地

0575-21-6020

診療時間

午前9時~12時/午後3時~6時
休診日:土曜・日曜・祝日

プロフィール

プロフィール

小林内科院長の小林利高です
小林内科ホームページはこちら

○名前

小林 利高(こばやし としたか)

 

○経歴

1959年、岐阜県関市生まれ。1978年、岐阜県立関高等学校卒後、名古屋工業大学(1980年~1986年)を経て、1994年、香川医科大学(現香川大学医学部)を卒。1994年~1999年、香川医科大学大学院にて、インターロイキン12(IL-12)を用いた、免疫・アレルギーの研究を行う。

香川医科大学附属病院(1994年~1995年・1998年~1999年)、大洲中央病院(1995年~1996年・1999年~2001年)、呉共済病院(1996年~1998年)の勤務を経て、2001年、岐阜県関市に小林内科を開院。

1997年、悪性リンパ腫を発症したが、新免疫療法で克服。この経験を活かし、新免疫療法の普及に努めている。

新免疫療法をがん治療の中心とし、三大治療(手術・抗癌剤治療・放射線治療)を、体力・免疫力を考慮し、必要最低限、効率良く組み合わせる、がん集学的治療を行っている。

お問い合わせはこちら

小林内科

〒501-3861岐阜県関市小柳町5番地

お電話でのお問い合わせはこちら

0575-21-6020

診療時間:午前9時~12時/午後3時~6時

休診日:土曜・日曜・祝日